リンク集

2014年03月09日

日本市場で335iセダンを売らない理由は?

  最近では直4のBMWを絶賛するという謎の自己満足な一派がネット上でちらほら見られる。彼らの主張はともかく日本で走る南アフリカ製BMWに6気筒モデルは存在しなくなったわけだから、いまさら直4であることを強調しなくてもいいんじゃないの?と思う。「直4のアテンザ」とか「直4のアコード」とか言う人なんていない。それと同じようにBMWも4気筒が当たり前になったのだから・・・。

  BMWはスポーツカー用の専用プラットフォームを持たないのだから、FRベース車は全て6気筒であるべきであり、4気筒は排斥すべきだと私は思っている。おそらく「直4BMW」推進派の人もそういう「原理主義」を恐れて、無意識の言い訳をしているのだろう。そもそもBMWのシャシーは「上」「下」の2種類のプラットフォームともに、直6エンジンを想定した設計になっているから、直4の音振には十分に対応できないという欠陥が発生する。

  そもそもシャシーの設計は、まず第一にクルマで一番重い部品であるエンジンの形状を想定して行われるのが普通である。よってBMWやメルセデスに見られるように、グレードによって4~8気筒の様々なエンジンを使うという設計は、極めて安易で利益を第一に重視した非クルマ作り的な考え方だ。

  輸入車のおかしい設計などまったく気がつかないアホなジャーナリストは、レクサスLSが8気筒エンジンに固執していることを平気で批判したりする。ドイツ車大好きなガサツな神経の持ち主にはLSの設計思想などわかるはずもないだろうし、もしレクサスLSが燃費を重視してV6+HVを搭載したらどうなってしまうかなんて想像もしないのだろう。

  バランサーシャフト頼みの安っぽいV6エンジンをレクサスブランドの最上級車に積むなんていう発想はトヨタにはとりあえず無い(もし出て来たら笑えるが・・・)。1000万円超の高級車の設計とはそれくらいに神経を使って仕上げなくてはいけないとトヨタは良く分かっている。普通のクルマですら、メルセデスを大きく上回る精度で取り組むトヨタならば、他のメーカーでは製造が不可能なレベルにまで研ぎ澄まされた設計でも可能なのだ。

  レクサスLSが最高級車の定番としてSクラスを駆逐した理由は「トヨタが誇る精度」だ。ただしレクサスの神通力はずっとLSだけに限定されてきた。現行のGSとISがやっと出て来た「超高性能第2弾」だ。またまたドアホで有名な日本のライターは「何で直4ターボが無いんだ!」と吠えていたが・・・コイツらが高級車を理解するのは永遠に無理なことだろう。

  そりゃ直4ターボを載せれば日本中の愚かな人々が喜んで買うかもしれない。しかしそれではせっかくのレクサスの品質を信じてくれている人々を裏切ることになってしまう。そして総力を挙げて開発したせっかくの世界最高の中型車プラットフォームが台無しになってしまう。トヨタのコストダウンが酷いという意見をたまに耳にするが、廉価なクルマを合理的に作るのも自動車会社の大切な仕事だと思う。そしてトヨタはたくさんの代金を貰う高級車作りに関しても誠実なメーカーだ。

  BMWがF30系で335iセダンを日本では発売しない理由はなんなのだろう?いかなる理由があったとしても、この事に関してはBMWを許すことができない!買うヤツも悪いかもしれないが、売るヤツも売るヤツだ・・・。「Mとアルピナ以外はカスだ!」と声高に叫んで注意喚起したい気分だ。



ラベル:レクサスLS BMW335i
posted by バイヤン at 04:01| Comment(2) | 3シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

あなたの周りにもいますか? 意味不明なBMWオーナー様が・・・。

  クルマに関するブログを書いていると、ちょくちょくもの凄いテンションで文句を言ってくる人がいます。特に強烈なのがメルセデスとBMWのオーナー様ですね。彼らに共通する特徴は、メルセデスやBMWに乗っている我々は選ばれた人間なのだから、国産車に乗っている輩よりも絶対的に正しいという考えがあるようで、頭ごなしに「無知!」「情弱!」とやたらと知識の多寡にしか目がいっていない愚かな内容・・・。

  そんな人々のほとんどが「メルセデスAクラス」とか「BMW3シリーズ」とか乗っているんですよ。ブログで堂々と320買いましたとか恥ずかしげもなく「告白」してくるわけです。いやはや・・・情弱はどっちだよ!とか思いながら、キモチ悪さ全開のコメントを削除してます。言葉の使い方からして40~50歳代。「幼稚」「死ね」とか人を貶める言葉だけは良く知っているものの、肝心のクルマの知識はほぼ全てがディーラーやドイツ車「都市伝説」レベルの受け売りばかり。こんなマヌケなオッサンにだけは絶対になりたくないなと思いますね・・・。

  最近では撃退法も手慣れたもので、ある程度まともなコメントにはそそくさと返事をしております。まずはメルセデスなりBMWなりを当方も好きなブランドだということを強調します。これはウソ偽りではありません。そして次にメルセデスならAMGを、BMWならアルピナを特に気に入っていて、これに乗るのが「夢」だと続けます。これもまったくもって事実です。買っちまえ!とかなり前のめりになったのも何度あることやら。

  そして極めつけに、AMGやアルピナこそがドイツ車だということを強調して締めくくります。そうすれば二度と同じ人から下劣なコメントがやってくることはありません。もしあなたの回りにもそういううっとおしいドイツメーカー大好き人間がいたら、同じような展開で撃退してみてはどうでしょうか? 

  「1000万円以下のBMWやメルセデスなんてクソだ!」って私の叔父が断言してたんですけどどう思います? その叔父が言うには116iや120iなんてオーリスやインプレッサ以下のふにゃふにゃの足で、もはや重くて燃費が悪いコンパクトカーだそうなんですが・・・。ドアのゴムパッキンを見るだけでコストダウンがハッキリしていて買う気が失せる「偽物」って言ってましたよ。私は300~400万円するクルマがそんなひどいわけ無いと思うのですけどね〜。

  これくらい言って彼らの目を覚ましてあげたほうが、日本のクルマ文化全体を見たときには有益だと思いますよ。こんな下らないクルマに偉そうにされたら、日本メーカーもどんどんコストダウンを始めますよ。日本車にヒドいCセグが現れたら・・・それはAクラスが売れ過ぎた弊害なんですよね。
  

  

posted by バイヤン at 05:03| Comment(0) | BMWについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

BMWを楽しめない日本市場。

  ホンダの創業者・本田宗一郎さんの名言に「3つのよろこび」という言葉があります。それは「作る喜び・売る喜び・買う喜び」で、楽しいクルマを作り、それを自信を持って販売し、買ってよかったと思ってもらえるクルマということなのですが、日本にはこの「3つのよろこび」を実現しているブランドが一体いくつあるのでしょうか?

  本来こういう表現を最も好みそうなブランドがBMWじゃないかと思います。イメージでは確かにそうなのですが、しかし現実にはこれに最も遠いブランドなのかなという気がします。何よりそう感じさせているのが価格でしょうか。欲しいモデルは軒並み1000万円超。これではよっぽどのお金持ちで無い限り、BMWのクルマを「楽しく買う」ことはできません。

  たとえお金があったとしても1000万円超のクルマを毎回のように買い替えるのは、家族の理解が得られないでしょうし、そういうものにお金を注ぎ込むことで自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。そもそも日本車なら500万円もしないクルマに毛が生えた程度の性能で1000万円はやはりボッタクリ過ぎです。そういう側面が見えてしまうと尚の事、「買うよろこび」にはほど遠いでしょう。

  やはりBMWは「北米価格」で売られてこそ価値を発揮します。535iが550万円くらいがやはり適正価格じゃないでしょうか。「年収の1/3以下」というルールに則るならば、北米価格の535iを買う人が年収1600万円くらいになるわけです。まあそれなりに頑張れば誰でも実現可能な数字だと思いますし、直列6気筒ターボのこのクルマならば550万円で買えるならば十分に「喜び」は感じられそうです。

  それが日本のBMWのラインナップで550万円の予算となると、せいぜい320iくらいが関の山になってしまいます。年収1600万円あるのにクルマは320i。これでは満足できないな・・・。クルマが悪いということはないけれど、仕事を頑張って買うクルマとはイメージがかけ離れているんですよね。そもそも3シリーズはドイツでは退役した老人か学生に主に使われるクルマ・・・だったのは過去の話で、E90辺りから割と平均的なサルーンとして認知されてはいます。しかし偏見かもしれませんが、40代50代の男の人がドヤ顔して乗っているのは「非常識」丸出しで恥ずかしい・・・。まあそういうクルマです。

  アメリカでもドイツでも320iならせいぜい300万円なわけで、いくら南アフリカから運んでくるのが大変だからと言っても日本価格だけ450万円を譲りません!というのは世知辛いな〜・・・。やはりどう考えても日本のお客はBMWで新車を買っても楽しめないですよね。年収3000万円くらいの人がM6とか買う時はテンション上がるでしょうけど・・・。

  たしかに見た目だけのクルマなんですが、メルセデスCLAが日本で300万円台前半に設定されたことは「買うよろこび」を考えるならば評価されるべきですね。それでも北米では中身もまともなCLA250が300万円ですからね。アメリカ人が感じる「買うよろこび」は想像を絶します・・・。




posted by バイヤン at 05:35| Comment(0) | BMWについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする