リンク集

2014年04月07日

BMWへの期待と信頼〜輸入車を買う理由。

  輸入車にしようか国産車にしようか迷っている人の悩みなんて最後まで答えが出ないことが多いです。そもそも国産車と価格で競合するレベルの輸入車ってものは、一般的にいろいろと気になる点が多く目に付いてしまい、「憧れ」と「警戒感」が入り交じってまともな判断が難しいです。やがて乗り始めると「憧れ」も「警戒感」もどちらも過剰だったことに気がつき、故障などないものの、最初の1年も経たずに飽きてしまうことも・・・。「警戒感」は過剰じゃなかったですね。

  もし輸入車か国産車で迷ったならば、果たしてその輸入車が信頼できるレベルのクルマなのか考えてみるのが一番いいでしょう。500万円程度の輸入車ならば欠点など山ほど出てきます。それを一つ一つ精査して「納得できるか?」どうかを考えます。私が思うにトヨタクラウンが買えるレベルの価格では納得できるクルマなんてほとんど無いと思いますが・・・。  

  BMWは確かに魅力のあるブランドですが、実際に魅力あるクルマを選ぶとなると、やはり本体価格だけで600万円ほどに達してしまいます。クルマは金額ではないのですが、やはり「これならば欲しいかも」と思えるグレードのクルマは600万円以上。BMWに対する憧れを満たしてくれるクルマになると1000万円くらいのものばかり・・・。それこそ年収3000万円は確保しないとなかなか近づけないブランドだなと思ってしまいます。

  でもそれがBMWの「市場価値」だと言われれば納得せざるを得ないです。アルピナB3が1000万円程度ですが、このクルマで何が出来るか?を真剣に検討した上で、それでも「憧れる」なら買うべきなんだと思います。スカイラインやレクサスIS350ではどこがダメなのか?ってところなんですけど、クルマに対する知識やイメージが豊かならば、アルピナを買う理由なんていくらでも見つかるのかもしれません。とりあえず修行と貯金に励むしかないですね・・・。







リンク
「エクスターミネーター」
「クルマに引き蘢りたいくらい現代社会はマッドだ・・・」
ラベル:アルピナB3
posted by バイヤン at 23:38| Comment(0) | BMWについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

メルセデスとの安売り競争ではなく、レクサスとの品質競争を!

  VWゴルフ7が登場したとき、メルセデスの開発者が「Cセグではとても適わない」と白旗を上げたという話が有名になった。それでもそんなクルマの優劣など全く気にしない大多数の人々はメルセデスのディーラーに殺到した。300万円以下の本体価格に眼が眩んだ人々に、ゴルフの足元にも及ばないAクラスはどのように映ったのだろうか・・・。

  メルセデスの「多極化」戦略は実に巧みで、A, B, CLAといった廉価モデルの販売比率は約4割。それほど廉価モデルの販売が多いわけではないし、まだまだメルセデスの本質的な部分(S、E、C)だけを見ている人も相当にいる。そしてその層に新たにCクラスを投入するのだけど、これがなかなかの意欲作・・・というより自ブランドの立ち位置を良く分ってらっしゃる。「最善か、無か。」

  2013年度に日本市場でレクサスを抜いてプレミアムブランドでトップに立ったメルセデス。2014年度は廉価モデルで囲い込んだ顧客ベースを武器に「クオリティモデル」の売り込みへ進むのか。それともさらなる廉価ラインナップの拡大で、プレミアムブランドのさらなる「価格破壊」を押し進めるのか。アウディにはVWが、BMWにはミニが、レクサスにはトヨタがあって、メルセデスやボルボのような200万円台突入は想定してしてないですから、メルセデスがプレミアムブランドの中で頭一つ抜けるのは必然かもしれません。

  それにしても、トヨタ・オーリスやマツダ・アクセラにも及ばない「無味乾燥」なAクラスやCLAクラス。今のところレクサスやBMWでは考えられないほどの「中身の無さ」。まるで「買うヤツがバカなだけ」と誠意の欠片もないことを言いたげな姿勢は、とても受け入れられません。スバルだってマツダだってこんな売り方は絶対にしないです。

  さてメルセデスの暴走など素知らぬ顔で、新モデルを次々と発表する新生BMW。とりあえず安売りに走る様子は見られないのでひと安心か・・・。だけれどもレクサスや日産がクルマのレベルを強烈に高めているのに、相変わらずマイペースに発表されるのは、ある程度は「想定通り」のクルマばかり。もうちょっと「進化」を期待したいけども・・・。

  
自動車ブログへのリンク↓

「エクスターミネーター」

「クルマに引き蘢りたいほど現代社会はマッドだ・・・」

「最新投稿まとめブログ」
posted by バイヤン at 22:19| Comment(0) | BMWについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

BMWアクティブハイブリッド3

  BMWの新車攻勢が続く。これだけ種類があると選ぶのが楽しいけど難しいかも。しかし2シリーズも4シリーズも同じ「L7」プラットフォームを使っているわけで、結局のところ「クルマの個性」という点では「出口」はそう多くはないようだ。それでもいよいよこのプラットフォームの使い方が解ってきたのではないか!という声が4シリーズがデビューした頃から聞かれるようになってきた。

  いい意味でも悪い意味でもオールマイティな「L7」はスペシャリティカーを作るなら恰好の素材・・・つまりトヨタのクラウンのシャシーみたいな器用なところがある。日本車っぽいと言ってしまうと語弊もあるけど、だからといって何らかの主張があるか?といえば何もない。日産やレクサスのシャシーほどお金かかってないし、そもそもBMWにしてみれば「2nd」でしかなく本気で勝負もしていない。

  ただしプレミアムメーカーが本気で作ったシャシーなんて、大抵は重くて、「高級」な乗り味を追求しているだけだから、ドライバーズカーとして魅力が高いのか?というと疑問が出てくる。結局は力を入れれば入れるほど、「とんでもない」方向に振れたシャシーになる。F30がデビューした時は、BMWがマークXに近づいた感じがあって違和感があった(クルマが悪いという意味ではない)。これ乗るなら300万円でオツリが来るマークXでいいと断言できるレベル。

  その中で異彩を放っていたのが、車重のせいでどっしりしていて、6発エンジンで鼻先も重く感じる「アクティブハイブリッド3」。このグレードだけは新シャシーでも重厚な乗り味が実現していて「らしさ」が味わえる。以前にお伝えした4シリーズも車高を下げた効果でフラットな乗り味が復活したけども、「L7」シャシーのクルマならば、日本車に負けてしまう320iや320dではなくて、AHV3か428i, 435i辺りが意義ある選択になりそう(価格が・・・)。



  ↓日本勢の台頭に対抗できるのはアクティブHV3だけということで登場!3シリは内外装がかなり難点・・・。



リンク
「最新投稿まとめブログ」
「エクスターミネーター」

posted by バイヤン at 11:12| Comment(0) | 3シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。