リンク集

2014年04月05日

BMWアクティブハイブリッド3

  BMWの新車攻勢が続く。これだけ種類があると選ぶのが楽しいけど難しいかも。しかし2シリーズも4シリーズも同じ「L7」プラットフォームを使っているわけで、結局のところ「クルマの個性」という点では「出口」はそう多くはないようだ。それでもいよいよこのプラットフォームの使い方が解ってきたのではないか!という声が4シリーズがデビューした頃から聞かれるようになってきた。

  いい意味でも悪い意味でもオールマイティな「L7」はスペシャリティカーを作るなら恰好の素材・・・つまりトヨタのクラウンのシャシーみたいな器用なところがある。日本車っぽいと言ってしまうと語弊もあるけど、だからといって何らかの主張があるか?といえば何もない。日産やレクサスのシャシーほどお金かかってないし、そもそもBMWにしてみれば「2nd」でしかなく本気で勝負もしていない。

  ただしプレミアムメーカーが本気で作ったシャシーなんて、大抵は重くて、「高級」な乗り味を追求しているだけだから、ドライバーズカーとして魅力が高いのか?というと疑問が出てくる。結局は力を入れれば入れるほど、「とんでもない」方向に振れたシャシーになる。F30がデビューした時は、BMWがマークXに近づいた感じがあって違和感があった(クルマが悪いという意味ではない)。これ乗るなら300万円でオツリが来るマークXでいいと断言できるレベル。

  その中で異彩を放っていたのが、車重のせいでどっしりしていて、6発エンジンで鼻先も重く感じる「アクティブハイブリッド3」。このグレードだけは新シャシーでも重厚な乗り味が実現していて「らしさ」が味わえる。以前にお伝えした4シリーズも車高を下げた効果でフラットな乗り味が復活したけども、「L7」シャシーのクルマならば、日本車に負けてしまう320iや320dではなくて、AHV3か428i, 435i辺りが意義ある選択になりそう(価格が・・・)。



  ↓日本勢の台頭に対抗できるのはアクティブHV3だけということで登場!3シリは内外装がかなり難点・・・。



リンク
「最新投稿まとめブログ」
「エクスターミネーター」

posted by バイヤン at 11:12| Comment(0) | 3シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。